引き出物と風呂敷の関係は

結婚式で必ず出てくるものと言えば引出物がありますね。
この引き出物ですが、大抵の場合は紙袋などが用意されています。
しかし、中には、しきたりを重んじているのか、包装用風呂敷を添えている場合もあります。

この当たりは、当人のこだわりなどもあるでしょうから、特にどちらがいいというわけではありません。

ただ、この風呂敷は時にとても役にたつこともありますから、用意しておくにこしたことはありませんね。


結婚式で用意されている風呂敷は、大き目のものの場合がほとんどでしょう。おめでたいお料理(タイの尾頭付き)などの折り詰めを運んだりする場合には、風呂敷がとても便利です。

新郎新婦側の場合でも、来賓の方のことを考えるのであれば、包装用風呂敷を用意してあげる事も、心遣いのひとつといえるでしょう。

風呂敷は古来より色んな使い方がされてきているものでもあり、実に色々な結び方もありますから、こういった古きよきものに、引き出物を機会に目を向けるのもいいかもしれませんね。
posted by 結婚式@引出物 | 引き出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式の引出物の基本

結婚式の引出物にはいろいろと地方によっては、しきたりなどがあったりします。
ですから、まずは相手のご家族、ご親族などに相談を持ちかけてみる事がいちばんです。

また、そういった情報が得られにくい遠方の方などは、地方の結婚式の引出物の情報は、サイト、ブログ、掲示板などで色々と情報収集してみて下さい。きっと、あなたにとって必要な情報を得る事ができるでしょう。

そうして得られた知識があれば、何が喜ばれるか、どういったものを贈ればいいかが自ずと見えてくるはずです。

自分達の固定観念だけで選ぶのではなく、相手のご家族、ご親族を喜ばせる事ができるかを考えて選んでくださいね。
実際、こうした地方のしきたりなどを知っておけば、今後のご家族、ご親族との関係も円満にすすめることができるでしょう。

結婚式は、人生の中でも重要な意味を持ってくるものです。たかが引出物なんていう考え方ではなく、相手への思いやりをまず第一に考えて、自分達のこだわりは、捨てろというのではなく、そこに旨く組み込めるように、引出物を考えて行きましょう。
posted by 結婚式@引出物 | 引き出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式の引き出物について知っておきたいこと

結婚式の引出物の、「引出物」という名前の由来は、馬を庭先に引き出したことから始まるとされています。

もともと、結婚式の引き出物とは、結婚式や結婚披露宴で列席した方にお出しした料理を折詰にして持ち帰っていただくことが始まりだったのですが、今では、記念品という意味合いが強くなってきています。

この引出物ですが、地方によってはもともと非常に豪華なものを出すという場所もありましたが、全国的に豪華になってきたのはバブル景気の頃からではないでしょうか。

結婚式の引き出物は、新郎新婦が列席して頂いたゲストの方に贈るものであり、通常は二人の名前を並べて書くことがしきたりとなっています。

この引出物、贈る側としては、どのようなものがおすすめなのかが気になってくるところですよね。
いろんな方が列席されるわけですから、結婚式の引出物のおすすめ品といえば、やはり誰にでも喜ばれるような実用的な品がいいのではないでしょうか。

そう考えると、かなり品物は絞られてきますから、選びやすくなるんじゃないでしょうか。一般的に多いのは、日用品や食品などですね。


ここで、一つ注意しなければいけないのは、結婚式の引き出物ですから、「切れる」「重ねる」といった忌み言葉につながるものはよくないとされています。
他にも地域によっては、色々としきたりなどもありますから、両家のご両親、ご親族に相談してみると良いでしょう。
posted by 結婚式@引出物 | 引き出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。